hogosya0622

保育士が思ったよりも壁にぶち当たっているのは、保護者との関係です。

保護者との関係

保育士として働いていて

就職前と就職してからも変わらずに

子どもと関わることは、嫌いではありません。

だからこそ

この仕事をしているのですが、

思ったよりも壁にぶち当たっているのは、保護者との関係です。

保護者の方は

仕事で子どもと接する時間が短く、

保育園での様子を知りたいと思っている人が大半です。

連絡ノートがあるので

そこに記載して毎日伝えてはいるのですが、

全員の保護者と毎日話をする機会を作ることは難しく

コミュニケーション不足になってしまうことがあります。

もっと話を聞かせてほしいな

と思っている人もたくさんいるかと思いますし、

ついつい自分が気になっている子どもの様子を

その保護者に伝えることを優先してしまっているのですが、

「うちの子のことは優先してくれていない」

という気持ちになる人もいるようで、

さじ加減がとても難しいです。

数人の保護者が不満に思っても、

それが噂となって広がっていきますし、

「あの先生は配慮が足りない」「見てくれていない」

など言われていることもあるかと思います。

担任をしているたくさんの子どもの親に、

好意的に受け止めてもらうことはすごく難しいですし、

自分なりに一生懸命にやっていてもそれが

評価されていないと思うと寂しいなと思います。

共感投稿数: 1
4

お助け口コミを投稿する


Submit your review
*必須項目です

保育士が思ったよりも壁にぶち当たっているのは、保護者との関係です。 SKU UPC Model

お悩みを読んで、素晴らしい保育士さんだと思いました。しっかり保護者の気持ちも理解されてますよね。

3児の母さん 

神奈川県
2016/6/22
4

お悩みを読んで、素晴らしい保育士さんだと思いました。
しっかり保護者の気持ちも理解されてますよね。
多分、大半の親は毎日ノートに書かれていることを読んで一喜一憂しています。
そしておっしゃる通り、関われない時間(保育園にお願いしている時間)の様子をもっと知りたい、自分の子供により関わって欲しい、と思っています。
とは言え人間同士。最終的には人間関係です。
話しかけやすいタイプの保護者であれば、ちょっとした気付いたことでも伝えてあげられれば良いですね。でも、話かけにくいタイプの保護者もいます。
また、普段は話せる人でも仕事でストレスを溜めて保育園に迎えに来る時があったり家事がアップアップで一刻も早く帰宅したい保護者もいるはず。
実際に私もそんな精神状態の時の送迎もありました。
心掛けとしては、普段から送迎の時になるべく目を合わせるようにして、話せそうなら話す位のスタンスで良いのでは?
色々な人がいます。日々、色々な気持ちで子供の送迎をしていることでしょう。お互いに余裕のある時に話し、あとは必要に応じて面談等の機会を持てればそれで良いと思うのです。
自分に気に入らないことがあると、噂をする人もいるかも知れませんね。
でも、日々誠心誠意保護者と関わっていれば、噂は一部。多数の保護者は良心的な判断をすると思います。

4.0 4.0 1 1 お悩みを読んで、素晴らしい保育士さんだと思いました。しっかり保護者の気持ちも理解されてますよね。多分、大半の親は毎日 保育士が思ったよりも壁にぶち当たっているのは、保護者との関係です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で