oyugi0619

保育士は子どもを保育することが仕事ですが、今では、手(口?)のかかる親の対応も重要な職務となっているのです。

保護者との関係

保護者を招いての「お遊戯会」が年に1回あります。

園児たちの練習の成果を保護者の前で発表するのです。

その内容は私達保育士が当然決めるのですが、

「劇」はしないことが話し合いで決まりました。

配役を決めるのは私達です。

気分で適当に決めているわけではなく、

「僕やりたーい」

との立候補を採用する場合もありますし、

人前で話すのが平気な子、

シャイな子にセリフの多い配役をつけるには、

当日多くの親御さんが見える前だと難しいかな、

とかいろいろ考えての配役なのです。

ですが、

「どうしてウチの子がこの役なのか」

「どのような基準で配役が決まったのか」

などと問い合わせやクレームがあり、

桃太郎や浦島太郎などの「ヒーロー」がはっきりしたものは避ける

ことから始まり、

今では劇はいろいろ配慮が必要になるので止めになりました。

今ではみんなでお歌を歌うことが多いのですが、

先日は、

子どもの立ち位置、ウチの子は真ん中ではなく端っこ、

しかも前の子の方が

背が高くてビデオに映らなかったという苦情が

後日、、、

子どもたちは全然そんなこと気にしていませんよ。

真ん中だろうが端だろうが、

来てくれたママやパパに頑張って

練習したお歌を聞いてほしいだけなのです。

ビデオの画面から子どもを見るのではなく、

しっかり自分の肉眼で見てあげてほしいです。

保育士は子どもを保育することが仕事ですが、

今では、手(口?)のかかる親の対応も重要な職務となっているのです。

共感投稿数: 1
5

お助け口コミを投稿する


Submit your review
*必須項目です

保育士は子どもを保育することが仕事ですが、今では、手(口?)のかかる親の対応も重要な職務となっているのです。 SKU UPC Model

日々のお仕事、本当にお疲れ様です。私は保育士ではありませんが、結婚するまで学校の教員をしていました

くまねこさん 

兵庫県
2016/7/08
5

日々のお仕事、本当にお疲れ様です。
私は保育士ではありませんが、結婚するまで学校の教員をしていました。
やはり「モンスターペアレント」と呼びたくなる保護者の方、いらっしゃいました…
リレーをすれば「なぜあの子がアンカーなのか」、スピーチコンテストがあれば「どうしてうちの子が最後に発表だったのか」、中には、テストの成績が振るわなかった子のお母様が「授業内容とテストの設問が一致していないのではないか。チェックするから、このテスト範囲の授業の内容をまとめたものを提示してほしい」とおっしゃったこともありました。
(お子さんのノートを見ればわかるのでは、と言いますと、「うちの子はノートなんて取ってません!!となぜか私が叱られました)

親が子供を大切に思う気持ちは、自分も人の親として痛いほどよくわかりますが、だからといってそれはないだろうと思う保護者の方も年々増えているように思います。
お悩みの解決法ではなくて申し訳ないのですが、ご苦労されているお気持ちが痛いほどわかり、自分の苦い記憶も思い出されて居ても立ってもいられず、「わかります!」とお伝えしたくて書き込みしました。
日々ご苦労がたくさんおありだと思いますが、頑張ってください!

5.0 5.0 1 1 日々のお仕事、本当にお疲れ様です。私は保育士ではありませんが、結婚するまで学校の教員をしていました。やはり「モンスタ 保育士は子どもを保育することが仕事ですが、今では、手(口?)のかかる親の対応も重要な職務となっているのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で