hoikushinosensei0618

子どもだけではなく、保育士が大変なのはその親との関わりです。

保護者との関係

保育士として子どもと関わる仕事をしていますが、

子どもだけではなく、大変なのはその親との関わりです。

保育園で働いているのですが、

保育士として関わる中で様々な親がいて、

この親のここを直した方が良いな~と思うところも、たくさんあります。

子どもに対して、

いつも頭ごなしに「指示」を出しているような感じで接していて、

受け止めてあげることが少ない親や

働いている人が多いので、仕方がないですが、

子どもの食事も適当(てきとう)だという人までいます。

また、

モンスターペアレントと呼ばれる部類なのかもしれませんが、

保育園に対して、

できないことまで過度な要求をして

うちの子にこうしてほしい、

ああしてほしい、という希望を出してくる人までいます。

子どもと関わる大変さは

保育士として仕方ない、

仕事の範囲だと割り切ることができるのですが、

親とも色々と気を使って、接しないといけない点で

疲れてしまうことがあります。

言葉を選んで、

親の方に、こちらの話に耳を傾けてもらえるように話していかないといけないですし、

まず、信頼関係を作らないといけません。

どうしたら良いのかと頭を悩ませながら、

親に関わるなかで、

その子にとって

保育園と家庭が連携して保育できることが一番

だと思いますし、

その役割を果たせるように頑張っていきたいと考えています。

共感投稿数: 0
0

お助け口コミを投稿する


Submit your review
*必須項目です

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で