sensai0618

泣いてしまう子は不安が強いタイプの子もいて、神経質だったり繊細というような言い方で言われるお母さんも多いですが…

保護者との関係

保育園に新しく入ってきた時に、

母親からすんなりと離れる子もいたら、

なかなか母親から離れることができなくて、

離れるのに時間がかかってしまう子もいます。

最初は、泣きながら登園してくる子も珍しくありませんし、

お母さんのほうは仕事に復帰するというケースが多いので、

後ろ髪をひかれるように、出かけて行くといった感じになります。

子どもによって慣れるペースが違いますし、

お母さんの方はそういった状況を

本当に心配されますが、

時間が経つうちにじょじょにですが、変化していき、通えるようになってきます。

泣いてしまう子は、不安が強いタイプの子もいて、

神経質だったり、繊細というような言い方で言われるお母さんも多いですが、

そういった子は周りをよく見ていて、

状況を理解して動けるタイプの子であることもあります。

優しい気持ちも持っていて、

それを表現して出すのに時間はかかりますが、

長い間保育園で過ごしているうちに、お友達の心配をしたり

泣いている時には、

手をさしのべてあげられるような、子どもに成長することも多いです。

最初に泣いてしまうと母親の方は、

どうしても気になって仕方なくなりますが、

どっしりとした気持ちで、構えて送り出してほしいとお願いしていますし、

保育園の方でも

気長に見守って、気持ちをほぐしていくように努めています。

共感投稿数: 1
5

お助け口コミを投稿する


Submit your review
*必須項目です

泣いてしまう子は不安が強いタイプの子もいて、神経質だったり繊細というような言い方で言われるお母さんも多いですが… SKU UPC Model

保育園に0歳から2人の子供を通わせている母親です。確かに朝の子供とのわかれは、特に職場復帰直後は泣か

もみじさん 

兵庫県
2016/6/21
5

保育園に0歳から2人の子供を通わせている母親です。確かに朝の子供とのわかれは、特に職場復帰直後は泣かれてしまう毎日で、とてもつらかったです。後ろ髪をひかれる思いで「こんなに泣くのなら働かなければよかった、復帰しなければよかった」と自分を責めてしまうこともありました。
ただ、お迎えに行くと先生から「お母さんが見えなくなってからはけろりとして楽しそうにお友達と遊んでいましたよ」と聞いていましたから、そう深くは心配していませんでした。保育園での楽しそうな生活の様子を聞くだけで心が軽くなりました。
悩んでいるのは親だけで、子供はうまく環境に順応していくものだと思います。
親が元気に笑顔で「いってきまーす」と言ってあげたら子どもも気持ちが切り替わって保育園での一日をスタートできると思います。
もし心配だったらお迎えのたびに一日の保育園での様子を細かく先生に聞いてみてはどうでしょうか。離れている分、子供はがんばっているのかもしれませんが毎日成長を感じられるくらい先生も親と同じくらい大切に子供を見てくれているのをかんじると思います。それにそんな環境であれば子供達は安心して楽しく一日をすごしているんだろうな、と感じることが出来ると思います。

5.0 5.0 1 1 保育園に0歳から2人の子供を通わせている母親です。確かに朝の子供とのわかれは、特に職場復帰直後は泣かれてしまう毎日で、と 泣いてしまう子は不安が強いタイプの子もいて、神経質だったり繊細というような言い方で言われるお母さんも多いですが…

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で