pan0618

「できない」こともいつか「できる」ようになるんだな、だから「できない」今の姿も大事にしよう、と思うようになりました。

こどもの扱い方・喧嘩

前職は小学校の講師でした。

「教えること」がもともと好きだったので、

「目の前の子どもたちのために、必要なことは何だろう?」

と考え、

授業の準備や学級づくりを行ってきました。

しかしあまりの多忙さに、

子どもとの関わりのなかで

「あの時こうすればよかったなあ」

と後悔の毎日。

「もっと、落ち着いて、子どもたちに寄り添った仕事がしたい。」

と考えるようになりました。

そんなとき、

ふと頭に浮かんだのが「保育士」というお仕事。

子どもの頃、

小さい弟や妹をよく保育園に迎えに行っていた私は、

保育園で遊ぶのも好きで

「大人になったら、保母さんになりたい」

と言っていたのです。

悩んだ末、保育士試験を受けることにしました。

 

保育士の試験の結果は…

 

当時、保育士試験は年1回。

約半年間、パートをしながら空いた時間で勉強し、

試験に一発合格しました。

しかし、

未経験で雇ってくれる保育園はなかなかなく、

転職活動に苦戦。

とりあえず実績を積まなければ、

と派遣会社に登録し、

現在の保育園を紹介してもらいました。

保育士の経験なし。

保育の養成校に通っていたわけでもなし。

子育ての経験も無し。

「子どもが好き」というだけで務まる仕事だろうか?

不安を抱えながら始めたお仕事。

でも、保育園で働き始めた初日から、そんな不安は一気に吹き飛びました。

子どもたちがとっても可愛い。

初めに入ったクラスは、1歳児クラスでした。

歩き始め、しゃべり始め、ご飯もだんだん一人で食べられるように。

「一人一人の成長を見守り、支える」

小学校の先生をしていたころは、

「何で言ったのにできないの!」

とイライラしていた私ですが、

ずりばいばかりだった子がトコトコと歩き始める姿、

「ママ―」

と保育士にしがみついて泣いていた子が、

言葉を話し始め、生意気を言い始める姿、

日々の子どもの成長に、小さな喜びをたくさん感じます。

「できない」こともいつか「できる」ようになるんだな、

だから「できない」今の姿も大事にしよう、と思うようになりました。

現在は、妊娠しながら保育士を続けています。

周りの先生方の理解もあり、妊娠なかも仕事を続け、産休に入る予定です。

保育士は結婚・妊娠などによる離職率の高い仕事ですが、

私は自分の子どもを育てることで、

もっと保護者の気持ちを理解できるようになりたいですし、

自分の子育ての経験を仕事に活かせたらな、と思っています。

昨年1歳児クラスで担当した子どもたちも、3歳になりました。

走り回ったり、お友達と遊んだりするのが大好き。

「なかなか、自分で靴を履こうとしないんだけど。」

と私を悩ませていたのはいつのことやら。

子どもの成長力に驚かされながら、

「子どもたちのために、自分にできること」

を日々探しています。

共感投稿数: 1
5

お助け口コミを投稿する


Submit your review
*必須項目です

「できない」こともいつか「できる」ようになるんだな、だから「できない」今の姿も大事にしよう、と思うようになりました。 SKU UPC Model

とても素敵な先生ですね!是非うちの娘も預けたいと思いました。小学校の先生から保育士さんに転向されると

サワノボリさん 

和歌山県
2016/7/10
5

とても素敵な先生ですね!是非うちの娘も預けたいと思いました。小学校の先生から保育士さんに転向されるというのは珍しいパターンですね。小学校の先生の経験があっても、保育士さんの資格を取った後の就職は大変なんですね。今は保育士さんが不足しているようですが、当時は保育士さんが多かったのでしょうか。相談者さんのおっしゃる通り、保育園にいる年齢の子供は一番出来る事が増え始める、大人が見ていても楽しい時期ですよね。うちの子供は、家ではなかなかトイレトレーニングがうまく進まなかったのですが、保育園に週3回預けているとオムツ外れが出来たんです。これって親にとっては本当にありがたいことです。何かコツがあるのか先生に聞いてみましたが、「○○ちゃんは自分からおトイレに行ってくれますよ」っと教えてくれました。親が難しく考えなくても、保育士さんが上手に誘導してくれたり、周りのお友達がしているように真似をしながらたくましく成長していけるのが保育園なんじゃないかと思っています。相談者さんはこれから出産されるんですよね。お仕事で子供達と関わるのとご自身のお子さんと過ごすのと両方味わった後には、またさらに素晴らしい保育士さんになっておられるんだと思います。色々忙しくなり大変だと思いますが頑張って下さいね。

5.0 5.0 1 1 とても素敵な先生ですね!是非うちの娘も預けたいと思いました。小学校の先生から保育士さんに転向されるというのは珍しいパター 「できない」こともいつか「できる」ようになるんだな、だから「できない」今の姿も大事にしよう、と思うようになりました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で