kyuryo0619

保育士の悩みといえば 、なんといっても低賃金というところだろう。

お給料

保育士の悩みといえば 、なんといっても低賃金というところだろう。

保育士になるためには資格が必要だから

私の知っている限り

通信制以外は専門学校か大学 短大卒となる。

それなりに時間とお金をかけ 憧れの保育士となるわけだ。

可愛い子供たちに囲まれ、

笑顔で毎日 懸命に仕事に励む。

もしかしたら 仕事をしている感覚では無いかもしれない。

私もその中の1人だった。

短大新卒での就職だったから 保育園では1番に若く張り切っている新人だった。

保育園での服装は

ジャージにTシャツ 髪が肩まで伸びると1つ結びにしなくてはならなかった。

オシャレとも縁遠い。

朝から夕方まで汗まみれで子供たちと遊び

お昼休みには毎日の日誌記入。

園内の装飾品 作成ともなると、就業時間外 残業として こなすことも しばしば。

もちろん 残業手当は つかない。

園と家の往復の毎日。

学生時代は

『親に小言を言われることもなく 自分のお給料で好きな物を買い 好きな所に遊びに行ける理想の毎日』

を想像していた。

そんな理想は 初給料を手に入れることで

見事に覆されることになる。

当時 一人暮らしをしていた私は

手にしたお給料から 家賃,光熱費等 差し引くと 食費込みで考えて

3万程度しか 手元に残らなかった。

お昼代 交通費は必要ないとしても

1ヶ月 たった3万で若い女の子が なにを楽しめるのだろう?

今と違って当時は 保育士も足りている時代で

私も臨時職員として1年間の雇用契約だった。

その後も臨時職員としてなら雇用可能

と園長に言われたが

私は即 お断りをした。

子供たちと過ごし 毎日の職務も楽しかったが

なんといっても生活をしていかなければならない。

約1年後の3月 離職し

再び就職活動をはじめ、 7月に全く畑違いの仕事に就いた。

全く 1からのスタートで ものすごく大変だったが

なによりも 一人暮らしでも そこそこ普通に遊び

趣味を楽しみ 生活できるくらいのお給料がもらえたことに大満足だった。

保育士のお給料に関しては

現在も問題視されている。

本当に割に合わないと感じる。

現役 保育士の1番の悩みなのではないだろうか?

今後 もっと改善されていくことを願っている。

共感投稿数: 0
0

お助け口コミを投稿する


Submit your review
*必須項目です

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で