保育士は年々給料は上がらず「責任だけが重くのしかかる」といった現実があります。

保育士は年々給料は上がらず「責任だけが重くのしかかる」といった現実があります。

お給料

こんにちは、もと保育士です。

昔は、公務員同様の収入といわれていた保育士ですが、

最近では、給料の低さが問題として取りざたされてきました。

実際のところはどうなのか?と言えば、

ほとんどが民間委託なり、

保育士の業務のなかに書類はもちろん、

利用者のニーズにこたえるために、行事や英語教室などの

お稽古(けいこ)事を、多く取り入れる保育園も増えています。

 

保育士の給料は低くなっている?

 

しかし、給料は上がることなく、低いといったところが現状です。

地方によって保育士の給料への補助の有無も異なり、

例えば

都内の認可保育園であれば、1万円の補助があるものの、

隣りの千葉や埼玉では出ないなどさまざま。

働いている保育士の割合としては、

全体的に1~3年目の若い保育士が多く、

「中堅層と呼べる保育士がいない」という問題を抱える保育園も多いです。

やはりそこには、

若いうちは夢を持って仕事に取り組めるものの、

年々給料は上がらず、責任だけが重くのしかかるといった現実があるからです。

一方で、保護者との関わりも以前に比べ、難しくなってきました。

私が以前働いていた

都内にある2つの保育園でのことを挙げると、

保育士よりも保護者の方が年齢が高く、

保護者が子育ての悩みを打ち明けにくく、

また、保育士からの助言も素直に聞き入れにくいという姿が多くありました。

また我が子への特別扱いを望む親も増えてきました。

これらの問題を解消していくためには、

保護者との信頼関係を築いていくしかないのですが、

そのためには、保育における知識だけではなく

カウンセリング能力などの、幅広い技術と知識が必要です。

しかし、低賃金ではそれを学ぶためのモチベーションさえも持つことができません。

子どもの成長に関われるという素晴らしい職業でありますが、

やはり好きな仕事であっても、自分の生活が成り立つことが前提。

国としては、

保育とそこで働く職員の実情をしっかりと理解し、

助成や補助などをおこない、安心して子どもたちをあずけられる環境、

そしてすえ長く

保育園で働ける環境をつくっていただきたいと思います。

共感投稿数: 1
5

お助け口コミを投稿する


Submit your review
*必須項目です

保育士は年々給料は上がらず「責任だけが重くのしかかる」といった現実があります。 SKU UPC Model

そうですか。以前は保育士のお給料は高かったんですね!知りませんでした。最近の保育士業は給料が低すぎ

mikaさん 

大阪
2016/7/10
5

そうですか。以前は保育士のお給料は高かったんですね!知りませんでした。
最近の保育士業は給料が低すぎるという事が問題になっていますよね。
子供を預ける私達保護者からすば、保育園から提携する学研に連れて行ってくれてお勉強もさせてもらえたり、イングリッシュを取り入れたり、リトミックをさせてくれたり、色んな課外活動をして下さるのは本当の気持ちです。
保育士さんが若い先生ばかりなのは、やっぱり体力が必要だからかなっと思っていました。
相談者さんがおっしゃる通り、私も若い先生に我が子の事や子育てのアドバイスをもらおうという気持ちにはなりませんし、ベテランの先生がいたらなぁっと思います。
私が子供を預けている保育園を運営する先生は若く生き生きした方ですが、延長保育に対するカウントが年々厳しくなっています。
以前は2~3分お迎えに遅れたとしても「今日はセーフにしておきますね」っと言ってくれていましたが、最近は1秒遅れても延長料金をきっちり取られてしまいます。
細かい話しですがそういう所からも切り詰めて運営しないと厳しいんだろうなっと思いました。
保育士さんたちが心身共に余裕を持って子供と接して欲しいなっと切に思います。

5.0 5.0 1 1 そうですか。以前は保育士のお給料は高かったんですね!知りませんでした。最近の保育士業は給料が低すぎるという事が問題にな 保育士は年々給料は上がらず「責任だけが重くのしかかる」といった現実があります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で