rakunashigoto0617

「保育士なんて子供と遊んでお金をもらえるなんて、楽な仕事だね! 」 と言われたこともありました。

労働条件・待遇

保育士の仕事は「やりがい」のある仕事です。

そして、命をあずかる仕事でもあります。

緊張感をもってやる仕事なのですが、

日々の忙しさで、その緊張感も薄らいでしまうことがあるんです。

私は緊張感を持って

仕事をすることができなくなったので辞めてしまいました。

第3者から見たら、

子供と遊んでお金をもらえるなんて、楽な仕事だね!

と言われたこともありました。

実際、子供と遊ぶことも仕事のうちですが…

 

こどもと遊ぶ保育士の責任感

 

発達、成長に合わせてどんな遊びができるのか?

危険を伴わないか?

遊びの中で友達とのかかわりあいがどのように進むのか?

などいろんな角度から考え、見守りしています。

一人ひとり年間目標を立てて、

1年後このように成長するよう、1ヶ月間でどのように保育士が関わるか、

1週間、1日と細かい成長スケジュールを

毎日微調整しながら過ごしています。

子供の成長段階を把握(はあく)していなければ、

一年後の様子、姿を目標にかかげることができません。

未来のことは誰にもわかりませんが、

子供たちが、健やかに成長できることを常日頃考え、

行動に移しているのが保育士です。

けんかに発展しても、

自分の意見をまわりの子に伝えることができたのなら、

その子供にとっては大きく成長できた瞬間かもしれませんよね。

毎日、子供たちに寄り添う保育士だからこそ、

いろんな角度から子供の成長に気がつくことができます。

怪我(けが)をさせない、

危ないことを禁止する

そういったことも大切になってきている時代です。

保育士が保育士として、長年勤めあげられる世の中になればいいなと切に願っています。

共感投稿数: 1
4

お助け口コミを投稿する


Submit your review
*必須項目です

「保育士なんて子供と遊んでお金をもらえるなんて、楽な仕事だね! 」 と言われたこともありました。 SKU UPC Model

年長児の娘を持つ母です。10か月から年中まで保育園に預けていました(今は家庭の事情で幼稚園に行ってます

もりさん 

愛媛
2016/6/21
4

年長児の娘を持つ母です。10か月から年中まで保育園に預けていました(今は家庭の事情で幼稚園に行ってます)。保育園の先生には本当に頭が下がります。ケガや友達とのトラブルは避けて通れないので、お迎え時にすまなそうに謝罪と共に丁寧に説明してくださる先生には「いや、そんなお気にされずに・・・」という気持ちでした。説明がないとあれこの傷なに?と思うかもしれませんが、働く母にとって、1日を規則正しく友達といっしょに楽しく過ごさせてくれただけで、感謝感謝なのです。緊張感がある職場に見合うだけのお給料ではないのだろうなとニュース等を見て感じますが、子供が大好きで、この仕事に就かれた先生方が充分経験を積んでいかれる環境になることを切に願います。以前に通っていた保育園はフルタイムの先生は20代の未婚か既婚でも子供なしの先生でした。私立の園でしたので、出産して戻ってこられる先生も2人ほどいましたが、主任、副主任といった管理職はベテラン先生が固定されていて、若い先生がどんどん入れ替わる感じで、一人いた男性保育士さんは辞められてしまいました。家庭を持つ30代の先生でしたので、管理職の枠もないし、収入的に厳しいんだろうなと勝手に想像してましたが。政治的介入にも多大な期待を込めて、保育士としてキャリアを積んでいける世の中になればいいですね。

4.0 4.0 1 1 年長児の娘を持つ母です。10か月から年中まで保育園に預けていました(今は家庭の事情で幼稚園に行ってます)。保育園の先生には 「保育士なんて子供と遊んでお金をもらえるなんて、楽な仕事だね! 」 と言われたこともありました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で